小鼻の黒ずみ、何故できるのか?

小鼻 黒ずみ 原因

小鼻の黒ずみ、メイクでは隠せても、素顔を見る度に
ガックリなんて人もいますよね。

 

そもそも、黒ずみって何故できるのでしょうか?

 

原因と対策について調べてみました。

 

 

小鼻の黒ずみができる理由

小鼻 黒ずみ 原因

 

毛穴の黒ずみは、汚れや皮脂、老廃物、古い角質がしっかり
落ちずに溜まって酸化し、皮膚の表面に黒っぽく見えるのが原因です。

 

また、毛穴の広がりによって影が黒っぽく見えるケースもあります。

 

毛穴の黒ずみは一度できてしまうと、なかなか洗顔では取れないので
諦めてしまう人も多いトラブル。

 

一般的に、皮脂の分泌が多く、しっかり汚れが落ちず溜まってしまう
Tゾーン、特に小鼻にできやすい特徴があります。

 

メイク落としが不十分だったり、洗顔のし過ぎで黒ずみが
できてしまっているかもしれません。

 

でも、洗顔のし過ぎも、皮脂の分泌を促してしまい、黒ずみの
原因になります。

 

適切なメイク落としと洗顔でしっかり汚れを落とし、化粧水や
乳液でしっかり保湿をすることが大切です。

 

皮脂が多いから保湿はしないという人もいるかもしれませんが、
保湿はスキンケアの基本です。保湿をしっかり行うだけでも、
黒ずみ予防に繋がります。

 

 

毛穴の黒ずみのタイプについて

 

毛穴の黒ずみと一口に言っても、いくつかタイプがあり、
対策法も違ってきます。

 

汚れの詰まり

メイクや皮脂汚れ、古い角質などが毛穴に詰まって黒ずみができる。

 

脂性肌

脂性肌の人に多く、皮脂の分泌量と新陳代謝のバランスが崩れ、
毛穴に皮脂汚れが溜まったタイプ。

 

毛穴の広がり

乾燥肌の人に多く、保湿が不足している状態。乾燥すると、
皮脂が過度に分泌され、毛穴が詰まり、広がって、そこに
影ができて、黒っぽく見えるタイプ。

 

メラニン

紫外線の影響や過度な洗顔、新陳代謝の低下などにより
メラニンが溜まった状態。毛穴に汚れが詰まっていなくても、
黒ずんで見えるタイプです。

 

 

タイプ別の対策法

小鼻 黒ずみ 原因

 

汚れの詰まり

化粧品には油分が入っているので、メイクをしていると
化学物質やほこり等が付着しやすい傾向があります。

 

お化粧をしたら、きちんとメイク落としと洗顔をして、
しっかり保湿をしましょう。

 

毛穴の広がり

皮脂が多く分泌されてベタつきがちなお肌も、実は、乾燥が
原因で皮脂が過剰に分泌されてしまうことが多いです。

 

洗顔したら、保湿をすることで、乾燥を防ぎ、皮脂分泌を
正常に保つことに繋がります。

 

脂性肌

お肌がベタつくからといって、保湿をせずに放っておくと、
かえって皮脂が過剰に分泌されてしまい、毛穴詰まりの
原因になってしまいます。

 

きちんと洗顔をして、皮脂分泌を整える保湿をすることが
大切です。

 

また、脂っこい食事や偏った食生活も皮脂分泌を促す
要因になるので注意しましょう。