小鼻の黒ずみを皮膚科の施術で治療する

小鼻 黒ずみ除去 皮膚科

小鼻の黒ずみは、なかなか自分で解消しようと
思っても難しいトラブルの一つ。基礎知識が
ないまま、誤ったケアを行うと、かえって
お肌を傷つけてしまう
恐れもあります。

 

小鼻の黒ずみ、どうケアしてよいか分からない、
何をしても改善しないという場合は、
皮膚科に任せる方法もありますよ。

 

皮膚科では、毛穴の黒ずみを治療、アフターケアも
受けられますよ。皮膚科でのケアについてご紹介します。

 

 

治療方法の種類

 

レーザー治療

 

黒ずみが気になる部分に、レーザーを当て、シミやそばかす等の
メラニン色素を破壊して解消する治療です。

 

レーザーを当てると、皮膚の代謝がアップして、コラーゲン再生を
促進、肌に弾力が出て、毛穴が目立ちにくくなります。

 

治療回数は、1回で完了する場合もありますし、症状によって
回数も違ってきます。

 

痛みは、ゴムではじかれるような痛みと言われますが、個人差も
ありますので、医師にご相談下さい。

 

 

ケミカルピーリング

 

皮膚を剥がすことをピーリングと呼びますが、皮膚の浅い部分に
働きかけて、ターンオーバーを促進し、古い角質やメラニン色素を
排出させる方法です。

 

毛穴ピーリングはお肌に負担となるため、最初は弱い薬剤、塗布時間を
短くしたり、調整しながら行われます。

 

ケミカルピーリングは、エステでも行われていますが、エステの施術は
市販のピーリング化粧品による効果とそこまで差がないので、
確かな効果を得たい場合は、皮膚科での施術をお勧めします。

 

 

イオン導入

 

ビタミンCやトラネキサム酸、グリシルグリシンなどの成分を
微弱な電力で皮膚に導入する方法です。

 

ガーゼに上記の成分を含ませ、顔全体に乗せて、上からローラーで
微弱な電流を流していきます。

 

有効成分が皮膚に浸透するので、高い効果が得られます。

 

ケミカルピーリングを行って、古い角質を剥がし、有効成分が
浸透しやすい状態にしてから、イオン導入をする病院もあります。

 

 

治療を受ける際に気をつけたいこと

 

上記の治療は、根気よく受けることが大切です。

 

しかし、保険対象外となるので、予算はしっかり説明を
受けてから始める方が良いと思います。

 

料金システムをはじめ、治療方針や施術後のアフターケアなど、
丁寧に説明してくれる医療機関を選ぶようにして下さい。

 

また、万が一お肌にトラブルが起きた場合は、医師に相談の上、
適切な処置をしてもらいましょう。

 

 

アフターケアについて

 

レーザー治療やケミカルピーリング後の皮膚はとても
デリケートで乾燥しやすくなっています。

 

なので、普段は敏感肌でない人でも、敏感になり、外からの
刺激を非常に受けやすい状態になっています。なので、
いつも以上に優しい洗顔、保湿をしっかり行い、紫外線対策も
気をつけて下さい。

 

肌を擦ったり刺激を与えてしまうと、色素沈着となってしまう
恐れもあるので、アフターケアを軽視してはいけません。

 

病院でアフターケアについての説明もあるので、しっかり
聞いておきましょう。